十分な設備が必要

ハードディスク

突発的な故障が発生した時に

データを保存しているHDDは半永久的に作動してくれるわけではなく、やがて寿命を迎えるものです。そしてその寿命が近付くに連れて、故障トラブルの発生確率が高くなります。いつ故障するのかをHDD側が教えてくれることは当然ないので、あらかじめ対策をしておく必要があります。その対策としては別のHDDへのバックアップデータ保管が挙げられますが、時間や予算の関係で頻繁にバックアップを用意できるとは限りません。母体となるHDDに定期的にデータを移行するという形式を取っていた場合、その移行前に故障してしまうとそのデータにはアクセスできなくなってしまいます。ただ故障してしまったHDDでも、保管されているデータを必ず諦めなければならないわけではなく、復旧できる可能性はあります。特に専門家でなくても、専用の復旧ソフトを使用するという方法があります。しかし事業で使用するような重要なデータの場合は、専門家に復旧を依頼した方が無難でしょう。HDDの故障には色々な種類があり、特にデータを読み取る機構が破損している場合、データそのものにアクセスできないので専門家でないと復旧は不可能です。専門家の場合はHDDを分解した上で保管してあるディスクを取り出し、別の機械を用いてデータを取り出すことができます。そうした設備を導入するのは莫大なコストがかかる上に、故障がそう頻繁に起こるわけではないため、復旧サービスに依頼するというわけです。